トップページ » 会長挨拶

会長挨拶

公益社団法人沖縄県地域振興協会は、国から交付された120億円を基金として受け入れ、その基金の運用果実を活用して、地域の振興を図るための事業等を行い、もって県民福祉の向上に寄与することを目的に昭和56年6月1日に「社団法人 沖縄県対米請求権事業協会」として設立されました。

設立後は、地域における集落道、排水路、修景緑化など生活環境の整備やコミュニティ施設備品の整備、また市町村、団体が実施する地域振興事業、国際交流事業、交流研修事業、人材育成事業、研究事業等に助成を行い、地域の振興及び活性化を図ってきました。

当協会は、設立の経緯から市町村を中心とする地域社会に貢献する団体として地域の振興のために様々な事業に取り組んできました。その後、平成26年4月1日に公益社団法人に移行し、平成29年4月1日に「公益社団法人 沖縄県地域振興協会」に名称を変更いたしました。今後とも市町村等への助成事業を行い、協会としての役割を果たしていく考えであります。

しかしながら、長期低金利が続く中、基金運用収入の確保が困難で協会運営が厳しくなっております。厳しい状況にあっても、沖縄県の地域の振興等を図るため、役員、職員ともに全力で取り組む所存ですので、今後とも皆様のご指導とご支援をお願い申し上げます。

公益社団法人 沖縄県地域振興協会
会長 浦崎 唯昭